髪の毛を切ってもらうだけでなく、マッサージなども含めたリラクゼーションの場として、美容院を捉えている方は少なくないでしょう。

そんな癒しと寛ぎを求めに行く美容院の雰囲気は、自分を担当してくれる美容師さんがどのような方かによっても大きく左右されます。

どんな素敵な内装や雰囲気作りをしているお店でも、美容師のセンスが気に入らなかったり、気が利かなかったり、ルックス的にも髪に触れてほしくもないような人に当たってしまえば、その美容院そのものの印象は最悪になります。

逆に、何の変哲もないような平凡な美容院であっても、後ろに立たれただけでときめくようなイケメンで、痒いところに手が届くような心使いと、自分に似合う新しいスタイルを提案してくれるようなリーダーシップに惹かれることもあります。

そうなれば、美容院の雰囲気は最高ということになり、女子力ならぬ男子力がもたらす影響力の大きさを認めざるを得ない結果となります。

普通

仕事柄、ルックスにも気を使い、接客業ゆえの楽しいトーク力や、繊細な心配りにも長けている美容師さんに、恋心を抱いてしまうことは、むしろ自然なことです。そんな憧れの美容師さんと、どのようにすれば恋愛関係になり、さらにその先のゴールへと辿りつく事ができるかについて、考えていきましょう。

さりげなく好みをリサーチする

リサーチ

まず、お店では、特にアプローチすることを意識せず、できるだけ普通の客として、憧れの美容師さんを警戒させないようにしましょう。

言うまでもなく多く女性と接する仕事ですし、撮影ともなればモデルとも接する仕事ですから、基本的に女性に不自由はしていませんし、狙いに来てる、という空気を悟られてしまえば、心の距離を詰めることができません。

自分が惚れた男性ならば、同じように狙っている女性もいるはずで、そういう女性と同じような括りにされてしまわないよう、自然体を心掛けましょう。

ただし、会話については少し意識的に、できるだけ喜怒哀楽を重ねることを意識し、特に笑いのツボと泣きのツボが共感できることは、心の距離を近づける上で重要ですので、気にかけてみて下さい。

会話の接点を増やすために、その美容師さんのSNSから、好きなブランドや、好きな場所や、好きな映画など、自分も昔から好きだったかのような会話ができるようになるまで、予習をし、会話を弾ませましょう。

いきなりプライベートなことを聞いたり、デートに誘ったりするのはNGです。

キーワードは「さりげなさ」

さりげなく

美容師の仕事は、休みが取れない仕事としても有名であり、基本的に火曜休みが多いものの、この週に一度の休みさえも、新人の育成や研究会と称しお店に篭ったり、勉強のために遠征へ行ったりする、華々しいイメージとは裏腹に、水面下は意外とハードな職種です。

そんなことも知らずにデートに誘おうと、彼の希少な時間を割いてもらおうとすれば、恋愛感情などとは関係なく物理的に無理と言う理由で、断られてしまう確率が高く、無駄に傷つくことになります。

そうはならないよう、恋愛関係に移行させようとする前に、顔見知りのお客さんとして、好印象を持ってもらう努力をすることから、始めてみましょう。

美容師にとって嬉しい行動、例えば、お店に行って髪を切ったら、写真に撮ってSNSにアップし、他の人にも宣伝するとか、その美容師さんのアカウントがあるなら、引用して感謝の言葉を添えるなど、「この子、良い子だな♪」と思って貰えるように、定期的にお店に通い、髪を切ったらSNSに上げるという作業を続けてみましょう。

そうして何度も通い詰めることで、様々な会話が弾み、お互いの情報で満たされていきます。

すると、まだ話してないことが次第に少なくなっていきますので、それくらいの関係になることができたら、その美容師さんが一番興味がありそうな場所へいち早く足を運び、休日に行って来た報告をします。

最新の映画やお店、イベント、レストランなど、美容師は最新の流行に敏感にアンテナを張っている人にリスペクトがありますから、「この子、良い子だな♪」に「この子、センス良い子だな♪」がプラスされます。

この、繊細な気遣いができることと、センスが良いことは、美容師の彼女になる上で重要な条件ですので、この二つを意識して貰うための行動でしたら、どんな方法でも構いません。

徐々にアプローチの回数を増やしていく

アプローチ

次に、”ただのお客さん”から、”共通の趣味の人”としての接点を増やしていきます。

先に挙げた様に、見ているもの、聴いているもの、遊んでいる場所など、接点を増やしていくことで、会話も弾みますし、こちらがリードできることがあれば、今度あったら教えて、誘って、という絶好のチャンスがやってきます。

美容師は中性的な感性を持った方も多く、男女で遊ぶことにあまり抵抗がないことも多いです。

そうした美容師の特性を活かし、あくまでデートではなく、同じライブを見に行くだけ、同じギャラリーを見に行くだけ、というスタンスでいることで、相手を警戒させずに済みます。

また、プライベートでばったり会うというハプニングを起こしても、共通の趣味だからと言う理由で、怪しまれることなく、行動を共にできる機会を持つことができます。

時に相手に追わせることで美容師の嫁の座をゲット

追う

そうして接点を増やしていくことで、美容師はロマンチックでもありますから、度重なる共通点にふと気づいたとき、運命を感じるようになります。

いつも追われる立場に慣れてるモテ男ほど、なびいて来ない女子が気になるという心理作用がありますので、そこに至るまで、興味ないフリを通せるかが、モテる美容師を落とせるかどうかの鍵となります。

恋愛関係になれれば、すぐに同棲することも多い職種ですから、あとは結婚を待つだけですので、時間をかけて信頼を作りながら、接点を増やし、運命の人だと思わせる作戦で、憧れの美容師さんの妻になりましょう。